Christmas in London

渡英以来、ついてないですが、それでもいろいろと楽しんでおります。
たとえば、クリスマス。

小学校から高校までカトリック、大学はプロテスタント。実家は父方浄土真宗、母方曹洞宗、でも神棚二つもある、そんな、西洋人には理解しがたいであろう、宗教mixな環境で育ったので、クリスマスは一大イベントです。
Rpyal Albert HallにMessiah(メサイア)を見に行きました。中学、高校時代、学校のクリスマス会で合唱した、ヘンデルの組曲です。
200人を超えるコーラス隊はなかなかの迫力でした。
中高の友人たちを連れて行きたかったです。本物は、すごいぞ、と。
ハレルヤの歌詞も何気なく「キーングオブキーング」と歌っていましたが、ちゃんと複数形のKing of Kingsとみんな歌っています。(当たり前か。)


相変わらず、優しいけれど段取りの悪いセバ子に任せておいたら、晩御飯はサンドイッチ一切れとシャンパングラス一杯だけ。。。次回からは自分で計画しようと反省。
そして、さすが階級社会!座席によって、観客のドレスアップ度が全然違います。Box席のみなさんはやはりブラックタイ。シャンパンもグラスです。
そして、我らが一階席はカジュアル席。みんなジーンズもしくは、普通の服。ワンピースの私でさえ一人だけがんばりすぎな感じ。。。シャンパンもプラスチックカップです。

Lesson4:イベントは自分でオーガナイズすべし。ドレスアップしすぎると、ずいぶん浮く。。




ディスタンス

そろそろ何かせねば、と思いたち、とりあえず語学学校に一週間行ってみました。

私は一週間のテスト受験準備のための集中講座に参加したのですが、こじんまりしたサイズのこの学校、結構みなさん長期で通っておられるようです。

クラスは非常にインターナショナルで、それぞれのキャラクターとお国柄もみえて、なかなか面白かったです。もちろん、朝、授業が始まる前から教室にいるのは、韓国人カトリックのシスター・ピアと私だけ。他はみなさん、それぞれの時間でやってきます。遅刻とか気にしません。

さて、シスター・ピアは私に、その学校にいる韓国人と日本人の生徒さんたちを紹介してくれました。韓国人、日本人それぞれ3人ずつこの学校にはいた模様です。チームコリアンはお互い仲良くしている様子ですが、チーム日本人は、それぞれバラバラ。私を紹介されて、若干迷惑なぐらいで、二人とも自己紹介もそこそこにみんな散っていってしまいました。
まぁ、わざわざ語学学校に来て、わざわざ日本人と話したくはないわな、と、意外に前向きな日本人達に驚き、結局チームコリアンと過ごしました。韓流アイドルを勉強しておけばよかった。。と反省。。

コース終了のころ、シスター・ピアは、更にもう一人、既にその語学学校を終了した、別の日本人も紹介してくれました。同じ京都出身だということで話しやすそうだったのですが、やはり「じゃぁ、また連絡します!」といってはくれたけど、連絡はありません。(向こうの連絡先はもらってないので、こちらから連絡は取れません。)

思えば、同じアパートにもたくさん日本人がいるはずですが、お互いはなしているのを見たことがありません。きっと、ここにきてミニ日本人社会を作るのが、面倒なのでしょう。そして、駐在員の妻たちと働く人々、留学生もお互いあまり仲良くしないらしい。(美容師さん情報)

Anyway, Lesson 3、ここでは日本人同士は避けるものである。

ま、ともあれ、この学校はとってもナイスなSlone Squareにあります。





洗礼。

どうも、朝から何かしら自分の周りの空気がよどんでいるような、あんまりすっきりしない一日でした。楽しみにしていたチョコレートフェスティバルもなんとなく、かなり気分が乗らなかったのですが、セバコの友人達も集合するので、とりあえずは参加することに。


さぁ、チョコレートを食べよう、と始まってものの5分。最初のホットチョコレートにたどり着くまでに、一瞬かばんが引っ張られた気がしたので引き戻したら、すでにかばんは開けられていて、財布だけが消えていました。
・・・。
ああぁ。気をつけていたつもりだったのですが。チョコレート食べるのに邪魔になるからと、かばんを持ち直した瞬間でした。
すっかり自分がどうみてもカモの日本人であることを忘れていました。

なくなったのは、古いCOACHの財布と、クレジットカード4枚。。(その日はたまたまクリスマスプレゼントを買いに行った後で、カードを多めに入れてました。)現金役20ポンド。

私は後からカード会社に電話して止めればいいと思ったのですが、セバコが今すぐ止めに帰った方がいい、というので、チョコレートフェスティバルは5分滞在で帰宅することに。


外国にやってきたのだわ、そう実感する出来事でした。

ついでにiPhone4も盗って行ってほしかった。。。
日本のSoftbank iPhone4は、日本国内でSoftbankでしか使えないようです。こちら仕様にUnlockするのは不可能な模様。。
全く、不便極まりないです。

Lesson2、カードは不要に持ち歩くべからず。


プロフィール

Cana

Author:Cana
30過ぎて想定外の国際結婚、京都から東京へ。そして今度はロンドンへ。
ぼちぼち楽しんで生きたいと思います。
愚痴っぽくってすみません。
独断と偏見のダイアリー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Free area
Free area
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR