どうでもいいこと

期末のアサイメント山盛りを抱え、やや行き詰って、息詰まっております。
結構な時間を費やしているのに全く終わりが見えません。。。

こんな夜は現実逃避。

最近の徒然を記録しておきます。

だから何というわけでもない、かなりどうでもいい、独り言。。


1.愛しのジョニー・デップがバネッサ・パラディと別れた!と思ったら、The Rum Diaryのアンバー・ハードと付き合っているらしい。え!そこ???と言うほど、なんかフツーにキレイでセクシーなブロンド女子(しかもめっちゃ若い)に走るのか・・・、ジョニーもオッサンになったってことかしら?
と、ふと思いました。どーでもいいけれど・・・。
どーも、スカーレット・ヨハンソン(私としてはあまり好きでない)とややかぶる、アンバー。なんか、面白くないわぁ、ファンとして・・・。

2.気分転換と、朝のセット時間短縮のために髪を切りに行ったら、ショートはだんなが好きではないのでアカン、というて、「うちの旦那もそうなんですよ!」という会話をしたのに、なぜか出来上がりは完全にショートでした。。日本人のとってもナイスな美容師さんです。
髪の毛は伸びるし、それはいいんですけど、あまり私の生え癖と合っていないらしく、セッティング時間がショートになったのにミディアムレングスと変わらんぐらい時間がかかります。。。次回もそこに行くか迷い中。。。しかし、イギリス人美容師さんに任せてよいのか????

3.EURO CUP2012で、イングランドV.Sイタリアを、イタリア人の友人に誘われパブ観戦。すごい盛り上がりで、隣り合って3軒パブ&バーが並んでいるのに、人が多すぎて入場制限あり!ライブ会場並みの熱気の中、イタリアを応援させていただきました。少数派でしたが。Italia!Italia!叫ぶと、周りからブーイング又はEngland Engla~nd♪とGod Saves Queenの大合唱。負けじとイタリアの歌で応酬。もちろんどちらにも入れない私でしたが、人々の熱さがとてもおもしろかったです。
そして、EnglandのEngland Engla~nd♪は、結構センスのないメロディラインで、かなりもっさいです。

4.セバコに中学生のインターンシップの子がつきました。14歳ではありますが、ホームスクール(学校には通わず、家庭教師)の彼は16-7歳ぐらいの数学の知識と結構プログラミングも知っている賢い子で、ややシャイなところが、セバコとかなりウマが合う模様。
その14才の少年の夢はまずはイギリス軍のパイロットになり、その後30才くらいで引退したらクオンツになって銀行で働くことらしい。それに対して、
「いやー、でもクォンツになりたいなら、ちゃんとそっちにフォーカスしないと、なかなか難しいよ。」
と、真剣にアドバイスするセバコ。
いやー・・・。14歳の夢を壊したるなよ。。っつか、あんたもクォンツデビュー、物理学者の後ですやん!29歳でしたがな!

5. どうやら巷ではセールが始まったらしい。そこで気付きました。現在記録更新中。最後に私が服飾系の買い物をしたのは、2011年9月末。ヨーロッパの冬を越すために買ったダウンジャケットが最後です。以降、一切自分の服飾を購入しておりません!うちの母と妹に言うたら、また同情して服を送ってくれるに違いない。。
(はい、私は『着倒れ』文化の京都人です。)

6.Sustainable Project Managementという要するに環境に優しいプロジェクトのマネジメントが私のとっているコースの必須科目です。そこで、ロンドンオリンピックの環境問題への配慮等々を研究したのですが。
オリンピックの開催地の争奪戦がますますアホらしくなってしまいます。ロンドンの勝因はその環境問題の配慮の現実的なプランだったのですが。
現時点ですでに、「ごめーん、ちょっと無理やった・・・。」という結果ばっかりです。
ま、街を歩けば一目瞭然ですがね。
環境問題どうこう言う前に、道端やバスや地下鉄内に平気でゴミや食べカスを捨て、リサイクルやゴミの分別など一切してないのですから!
なので、正直申し上げて、このクラスは私にとって白々しい。。。
そして、同時に日本人の国民性を非常に誇りに思うのであります。

8. 前からはまっているThe Vampire's Diares 男前ばっかりで、ストーリー度外視でも楽しめますが、ストーリーもなかなかに、奇想天外のいろいろMixで、無理やり感があって面白い。
きっと、ヒロインが(私的に超好みなので)、二股かけようが、自己中であろうが、むかつかないだけかもしれませんが。それにしても、こんなにALL登場人物が美しいTV Showがあっただろうか!!!と一人感動。ストレス解消には男前Watchingが効果的。


そこはかとない徒然は山ほどあります。
そして、こんなにも時が経つのを早く感じたことがあるかと思うくらい、今日の日付が未だに信じられません。。。
きっとこんな短期集中する時間は、もう人生でやってこないだろうから、とりあえず、がんばりまーす。。。
(しっかり飲んでるし。。)





クラスメイト

さて、日々時の流れの速さに押し流されっぱなしですが・・・。

クラスメイト達ともずいぶん仲良くなりました。
ヨーロッパの学校なのでヨーロッパ人がいっぱいですが、私の取っているイベントマネジメントのコースはやたらイタリア人がたくさんいます。特にほとんどのクラスを共に過ごす5人は、英国人1人、マルタ人1人、イタリア人2人そして私。イタリア人女子2人とは最初にプレゼンを共にして以来仲良くなり、いまやしっかり飲み友達です。
20代半ばの2人と放課後(授業が終わるのが既に8時半)飲み歩くので、ついつい帰りが遅くなり、セバコはちょっと眉をひそめておられますが。。
3ヶ月限定だから許していただいております。。(多分)

さて、マルタ人男子が最近かなり問題児です。頭はいいのですが・・・。
まず、中間テストにあたるグループプロジェクトでその怠け者度をさらけ出し、ミーティングには来ないわ、遅刻して来ても謝らないわ、やることやらないわ、しかも偉そうだし、超マルタなまりなのに超早口で何言ってるかわからないし・・・ということで、女子全員一致の意見で今回の期末テストのグループには外れていただくことになりました。。すると!マルタ男子はキレました!
初ミーティングの朝、グループ全員に
「有能な僕を必要としないなんて、非常に残念だし、(僕を外した)君たちの態度には絶望したよ!etc...せいぜい頑張りな!
というメールが、教授にもCCして送られてきました。。
中学生の女子か???
そして、その日の授業に現れた彼、ツンツンと無視でもするのかと思いきや・・・、満面の笑みで普段の数倍フレンドリーにみんなにHello・・・。
ますます、中学生の女子か???

もう、みんな放置しています。こないだビール奢ってくれたから、ま、いいっか。


さて、今回6教科全てがエッセイとプレゼン両方です。。うち3つがグループアサイメント。そのうち1つがペアでのプロジェクトです。
いくら最近イタリア人女子と仲良くしてるとはいえ、ペアを組むというと、やはりイタリア人ペアがペアになります。そうなると、必然的にイギリス人女子orマルタ男子または他の専攻の人と組むことになります。
先に動いたのはイギリス人女子で、私に組もう!と言ってきてくれました。

喜ぶところなのですが・・・。
実は、理由なく私は彼女が少し苦手。
そして、彼女もきっと同様に、あまり私を好きではありません。
なので、非常にビミョー

本日第一回目のミーティングに、やや気の重いまま臨みました。
が!
そう、お互いそんなに個人としては好きでない分、非常に建設的に意見を述べ、スムーズに物事が決まって行きました。
ある意味、良いペアだったのかもしれません。
そして、きっと彼女もそう思ったはず。。。
なので、これをきっかけに、関係は緩和するかも。

別に喧嘩したり、嫌なこと言い合ったわけでもなんでもない、ただなんとなくお互い苦手なだけ・・・。こういうの、良くないのはわかってるのですが、第6感センサーが働いてしまい、ついつい防衛体制をとってしまうのです。。
とはいえ、今までの経験上、あまりこのセンサーを強制終了すると、後でやっぱり痛い目に遭うことになるかもしれないので、ある程度緊張感を持って臨みたいと思います。
文句言われないように、ちゃんと頑張らねば・・・。そう思うとプレッシャーです・・・。

ともあれ、数少ないコアメンバー、本当に短い時間しか一緒に過ごせないので、仲良く平和に有意義に過ごしたいとおもいます。っつか、私、いい大人やし・・






Friday Night

気がつけばもう、Jubileeウィークエンドです。
時間の流れがかなり早送りになっているように感じます。

6/1はいわば中間テストのようなものがありました。
もちろん、テストではなく、エッセイとプレゼンテーションでしたので、英文を読むのも遅く、もちろん書くのがもっとも苦手で、プレゼンは相当ビビりまくって緊張してしまう私には、5月の後半は非常に気が張っていました。
1科目目はグループアサイメントで2科目目は個人のプロジェクト。
プレゼンはどちらもまぁまぁの出来だったと思います。しかし、ほんとプレゼンで緊張しすぎてしまう自分が嫌。。。

この2週間は人生の中で、かなりレアなお勉強集中期間でした。しかし、ボランティアのお仕事はなんとなく続いているし、チェルシーフラワーショーや、インターナショナル・ワイン・フェアなどなど素敵過ぎるイベントもあり、この2週間は1日を36時間くらいにしてほしい、と本気で思いました。
しかし、この中間のアサイメントは6教科のうちたった2教科だけだったわけです。。
これが、7月の期末には6教科分になるわけで・・・。
想像するだけで、心臓がギューっと縮こまります。。
ちゃんとこなせるんやろうか、私。。。

ANYWAY、そんな訳で無事2つとも提出し、プレゼンを終了した放課後(授業は8時半まで)、仲良くなったイタリアンのクラスメイト二人と打ち上げに向かいました。
コロンビア人の教授も合流したので、4人で大打ち上げ。
学校の最寄にはワインバーしかないので、すきっ腹にワインを流し込み、長い夜の幕明けです。
かなり良いペースで飲み続け、しかもFOODのオーダーはさっさと9時に終わってしまったので、食したのはスナックだけ。
11:30PMの時点で4人でワインを6本finish。
ラテン系のみなさまですから、ワインバーでもお構いなく、もちろん踊ります。
そこから更にテキーラHours。
結局朝まで飲み続け、飲んだ量は恐ろしくてカウントできません。。。

ヘバリーゼのお陰なのか、2週間前にテキーラで痛い目にあったばかりで今回は少し気をつけたせいか、本日土曜日は二日酔いZEROでございます♪
しかし。帰宅したのは4AM.とんだ不良妻でございます。
(東京で定められていた門限1AMは、ロンドンに来て排除させていただきました。)
ごめんね、セバコ。。
なんせ、イベント・マネジメントの学生さんですから、PARTYは必須やねん♪
このイタリアンの2人はとってもよく勉強し、そしてしっかり遊びます。今日もサルサバーに誘われましたが、さすがにそれは遠慮しておきました。

いやー。
それにしても、あと1月半で6教科分のプロジェクト、ほんまにこなせるのだろうか。。。
恐ろしい。。。
明日からまたがんばりまーす。







プロフィール

Cana

Author:Cana
30過ぎて想定外の国際結婚、京都から東京へ。そして今度はロンドンへ。
ぼちぼち楽しんで生きたいと思います。
愚痴っぽくってすみません。
独断と偏見のダイアリー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Free area
Free area
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR