療養里帰り

クリスマス後、ストで公共機関が全く動いていないボクシングデーの最中、ゴホゴホと咳が絶好調にひどいまま、日本へ向かいました。
ロンドン-アムステルダムの40分のフライト、なぜかビジネスクラスにアップグレードされました。要らんわぁ、そのアップグレード・・・。
アムステルダムからのフライトは満席で、その中、咳が絶好調のピークを迎え、ただただ申し訳なく思いながら、関空着。
京都についた時には、咳のし過ぎで声も出なくなり、即病院送りとなりました・・・。
そこで、ついにちゃんと検査も受けた結果、風邪がこじれた上、アレルギー性の喘息を起こしている、との診断。37歳にしてついにアレルギー持ちになってしまいました。
どうしたことか、不眠症は克服したのか?というくらい、眠れてしまい、ただただ寝て、食べて、飲んで過ごし、完全に療養しに帰ったような里帰りとなってしまいました。

東京に行くのは諦めたものの、それでも京都ではひと通り友人達や前のボスにも会うことができました。
前職のボスからいろいろ話を聞き、かなり懐かしく恋しく思いました。なんと、私を引き継いでくれた女子は、フランス人教授と結婚することになり、もうすぐ辞めてしまうそう・・・。私の予測、彼女はあまり長く続かないだろう&きっと旦那を見つけてすぐに辞めてしまうだろう、はしっかり当たりました。が、あのフランス人教授が結婚相手になるとは、全く予想しなかったので、超意外でした。
そして、ふと、今日本に戻れば、ボスは再び雇ってくれるのではないか・・・。と考えてしまいました。
が、イギリスで現地会社で働くと決めたのであります。そして、我が旦那は全く日本に帰る気はないのであります。私も、ロンドンでなんかしらの結果を残してから出ないと帰れないと思っております。その、安易な甘えは心の内に留めておきました。
早く東京が恋しいと思わなくなる日が来ますように。

完全療養モードの里帰り、親や友人が心配してしまったのではないかと、今になって不安になって来ました。
年のせいと1ヶ月と長引いた風邪と喘息のせいですが、どっと疲れが出たのが正直なところです。そして、それが「ロンドンで無理してる」と映ったのではないか、と後悔です。大丈夫やで、私。
今までの人生が、あんまり頑張って来なかっただけです。
ご心配なく。



ロンドンに戻ってきて、セバコにフランス語はどうした?即聞かれて、WELCOME BACKやなぁ、と実感しました。たった二週間の里帰りでしたが、もう完全に日本モードになってしまっていて、英語も出てこないし、この厳しさにまだついていけません・・・。
仕事始めが半月延期になり、なんだか気も抜けてしまい・・・、
ちょっと、ロンドンにまだ戻りきれてない感じです。

2013年、徐々にエンジンかけていきたいと思います。

プロフィール

Cana

Author:Cana
30過ぎて想定外の国際結婚、京都から東京へ。そして今度はロンドンへ。
ぼちぼち楽しんで生きたいと思います。
愚痴っぽくってすみません。
独断と偏見のダイアリー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Free area
Free area
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR